最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

注意したいキャッシング情報!申込みブラックにならない方法

  1. 2009/06/09(火) 11:40:00|
  2. キャッシング情報|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

注意したい申し込みブラックとは?


ローン融資の申し込みの際に、ちらほら耳にする言葉で、「ブラック(ブラックリスト)」というのがあります。

怪しげな金融業者(悪徳な消費者金融)、いわゆるヤミ金等に、頼るしかないような状態の方は、おそらくブラックリストに名前が載ってしまい、通常のキャッシング会社から借り入れ出来ない状態の方を指します。

現在、借金で苦しんでいる多重債務者と言われる方は、現在200万人近くいるとも言われており、今後も増えていくのではと危惧されています。

ローンお申し込みのながれ


通常、キャッシング(借金)をした方の個人情報は、「個人信用情報」というリストに載ります。
その中で、特に注意すべき人物をブラックと呼んでいます。
要注意人物とマークされる理由は、返済の滞納と遅延です。
そしてこの記録は5年間残ると言われており、借逃げした場合は7年間、ブラックとして記録されてしまうという話です。

そして、短期間に複数の金融業者に融資申込みを行うことも、申込み者の信用を疑われ、その後の審査が困難となる状態を「申込みブラック」と呼ばれています。

そこで、気になるのは「申し込みブラック」は何件までが申込みがペナルティと判断されるのか、どれくらいの期間での複数申し込みなのかということを知っておく必要があるでしょう。

申込みブラックというケースでは、1、2週間の間に4、5件以上の申し込みを行うと、「ブラック」扱いになるケースが多いようです。

当然、店舗や会社により融資の基準も関係してきますので、一概には言えませんが、これまでの融資状況や審査状況を平均して見ると、前述した4〜5件以上が「ブラック」のボーダーであり、これ以上は連続した審査申込みは、信用を落とす可能性があるようです。

逆の立場に立って考えれば、実際に融資を受け付ける金融会社側としては、たった数日の間に何社も審査申し込みを行っている人物に対して、まず疑念を持つのが普通かもしれません。
数日の間に何社も申込みを行っているということは、どこからも借りられない証拠と見なされ、たとえ借りられたとしても、1度目の返済日にかなりの金額の返済を行わなければならず、その後の展開は想像に難しくありません。

「審査が承認される」つまり融資が可能となる前提として、消費者金融などの貸金業者は、金利という手数料を支払ってもらうことで運営が成り立っています。
これには当然、毎月の返済が確実に出来ることが最低条件となります。

当然、多重債務者や、何度も申し込みを行っている人に融資をするということは、それだけリスクを伴うことでもあるのです。
お金を貸す側の立場に立ってみれば、貸してもリスクが少ない「しっかり返済してくれる」相手に審査を通そうとするのは当然なのかもしれません。

そのへんを踏まえると、キャッシングの審査申込みは、多くても1ヶ月間で2〜3件まで、それ以上の申込みを行う場合、最低でも1〜2ヶ月は間隔を空けた方が無難なのです。

せっかく審査に通過する、収入条件をもっていても、「申込みブラック」では審査はとおりません。

自分で自分の首を絞めることのないように、ローン会社とは上手に付き合っていきたいものです。

クレジットカードの現金化について一言もの申す

  1. 2009/05/13(水) 09:30:00|
  2. キャッシング情報|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クレジットカードのショッピング枠の活用方法


これから夏に向けて、財布の中身や、届いた請求書が気になるという方も多いのではないでしょうか。

そんな折、利用される方も多いのか、巷ではクレジットカードのショッピング枠現金化サービスを目にする機会も多いはず。
ご存じの通り、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りるようなシステムです。

すでにお持ちのクレジットカードという事もあり、警戒心がゆるみがちですが、このシステムの利用する前に知っておきたい、「クレジットカードのショッピング枠の現金化について」の解説です。


通常のクレジットカードには最初からキャッシングの限度枠が付いています。

キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードで買い物は可能です。
それで金券、チケット等を購入して、それを売る(換金)することで、結果的に現金を手にすることができるという前提で、このシステムは成り立っています。

つまり、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスの多くは、ショッピング枠で買い物をさせ、その後キャッシュバックを行うことで現金化を行っています。
中には売った商品を買い戻すことで現金化する業者もいるようです。
結果的に、利用者は「クレジットカードの枠を使って現金を手に入れた」という気分で、すなわちショッピング枠が現金になる、というシステムです。

しかし当たり前のことですが、クレジットカードで買った分は後で返済することになりますから、実質的にはお金を借りている(キャッシング)と同じ行為です。

お金を借りると言えば、本来それを業として行っているのは消費者金融。
消費者金融の金利は20%台が一般ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%といった高キャッシュバック率を前面に出し、消費者金融より金利が安いということをアピールしようとしています。
果たして、それは本当でしょうか。実際に計算してみましょう。

現金化するには?


☆ショッピング枠 100万円
☆キャッシュバック率 9割(90%)
☆カードの引き落とし日 2ヶ月先(商品代金を支払う日)

というケースで考えると、100万円の枠を使い、90万円のキャッシュバックを得る。
これだけだと「利息は10%?」に見えます。
消費者金融が大体20%台ですから、こっちの方が安く見えます。
しかし、問題は「年利が何%か」です。
クレジットの支払日が2ヶ月先であれば、このケースは

★90万円借りて
★支払期限が2ヶ月先で
★100万円にして返さなければならない

つまり、2ヶ月で90万が100万になるから、この期間の利息は約11.1%。
2ヶ月で11%ということは、12ヶ月にすると66%。
つまり、年利66%で借りているのと同じことになります。
仮にキャッシュバック率が95%でも、年利は31%になる計算です。

カードの支払が分割だった場合、現金化利用分の利息は低くなりますが、同時にカード会社の利息が発生します。通常、カード会社の利息は10.0%〜15.0%ありますから、分割払いにしたところでトータルの金利がこれを下回ることはありません。

なお、これは直接お金を借りているわけではなく、あくまで商品購入代のキャッシュバックなので、利息制限法や出資法には抵触しませんが、キャッシング枠が無くなったから、奥の手というには余りにもお粗末ではないでしょうか。

ショッピング枠を現金化するには前述した内容を踏まえ、納得した上で、利用するなら問題ありませんが、そんな高額の金利を払う計算ならば、いっそ、もう一枚キャッシングカードをつくる方がお勧めな気がするのは私だけではないでしょう。

簡単に取得しやすい、ゆるい審査のクレジットカードをご紹介します。

甘い審査のクレジットカード




◎審査の柔軟性は文句なし。他社件数多めの方にも人気のKARUWAZA CARD



入会金・年会費無料。
転ばぬ先の杖として、持っていて損のないクレジットカードです。

借金の一本化にお勧めの多重債務者向け借り換えローンをご案内します

  1. 2008/09/23(火) 18:55:00|
  2. キャッシング情報|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

多重債務・借金を一本化するおまとめローン情報です


他社借り入れ中の借金を一本化する「おまとめローン」に最適なキャッシング商品をご案内しています。

おまとめローンは借り換えローンとも言われています。
ここでは、複数の金融機関のローン・借金を一つにまとめることによって、ローンの合計返済額を減らし、返済の悩みを解消する方法の、パートナーとなるべき、金融会社をピックアップしました。

借り換えローンのメリットとしては、複数のローンを一本化、つまり複数のローン(借金)を一つにまとめることです。金利が高い複数のローンを金融機関から借りている場合、金利が低いローンにまとめてしまうことで月々の返済と管理の手間が省け気持ちにゆとりを持てるでしょう。

せっかく借り換えても、借入残金が増えてしまったり、結果的に金利が上がってしまった、なんてことのないように、しっかりと借入シュミレーションをして、返済額・金利面を確認してから行動に移したいものです。

【どうしても低利率に移行したいという方に】


★<実質年率6.0%〜18.0%で借り入れできるオリコカードのCRESTがおすすめです。
現在の残債と比較して、それを上回る融資金額をGETできれば成功です。
比較的、利用者の借入れ少ないケースに有効です。
オリコカードCRESTローン

【おまとめローン専門のサービスで1本化したい方へ】


おまとめローンのシンセイコーポレーションは、借り換えローン向けのキャッシングプランが評判です。
借金一本化で、返済の負担を軽くするキャッシングプランです。
甘い審査


【信頼の銀行ローンで、借り換えたい方に】


200万円までの借り換えならジャパンネット銀行の「借り入れおまとめローン」なら、安心の銀行系。おまとめローンに特化しているので、1本化の対応にも慣れており、安心して任せられます。



【信頼の銀行ローンで、大口融資額を手に入れたい方へ】


年利7.0%〜・最高限度額500万円・生命保険付
スルガ銀行 「リザーブドプラン」
なら、500万の限度額で、残債を一気に解決できます。利用者の条件が優良な方にオススメです。



上手に借換えれば、大きなメリットがある「おまとめローン」ですが、必ずしも返済総額が軽減できるわけではありません。

おまとめローンに向かない、または思うような効果が得られないケースもあります。

●現在のキャッシングのほうが金利が安く、借り換えても返済総額が軽減されない、もしくは逆に増えてしまう場合
●長期ローンに借換えたことによって結果的に金利が増え、返済総額が大きくなってしまう場合※金利が増えても月々の返済額を軽減したい場合には、その面での効果は得られる)
●返済期日に入金せず、遅延損害金の分、返済総額を増やしてしまう人や、完済しないうちに新しい借入れをしてしまう人、何度も延滞を繰り返す人には不向きです

借り換えローンは、お金を借りる行為であり、返済ではありません。
有利に借り換えることによって、はじめてメリットが得られます。
再度、申し込む前に、自分にとって利点があるかどうかよく確認しましょう。
自分の返済可能な金額を把握し、無理な契約をしないことが大切です。

DTIブログって?

次のページ